2018年七五三のお参りはいつ?何歳?満年齢?数え年?

七五三

七五三は子どもにとっても親にとっても特別なお祝い行事です。
七五三を迎える年の子どもを持つお母さんは、七五三についての疑問が色々と浮かんでくると思います。
そこで、2018年の七五三のお参りはいつなのか?何歳でやるの?満年齢?数え年?などの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

七五三のお参りはいつ?

七五三のお参りをする時期は、正式には11月15日です。
現在では11月15日に必ずお参りをする必要はありません。

10月中旬~11月下旬にお参りをすれば良いとされています。

11月15日前後の週末は神社が混むので、都合の良い日、日取りの良い日にお参りをするのが一般的です。

 

2018年七五三をお祝いする年齢

2018年に七五三をお祝いする年齢はこちらです。

満年齢数え年
3歳2015年

生まれ

2016年

生まれ

5歳2013年

生まれ

2014年

生まれ

7歳2011年

生まれ

2012年

生まれ

 

七五三の満年齢とは?

満年齢とは、現在の年齢の数え方と同じもので、生まれた日を0歳として数え始め、誕生日が来るごとに1歳、2歳・・と数えていくものです。

数え年とは、古い昔使われていた年齢の数え方で、生まれた年を1歳と数え、元旦を迎えるごとに2歳、3歳・・と数えていくものです。12月生まれなら、生まれた時が1歳、翌月1月にはもう2歳になります(実際は0歳2か月)。

 

数え年?満年齢?どっちでやる?

七五三をお祝いする年齢は、本来「数え年」となります。

現在は満年齢で七五三をするのが一般的ですが、満年齢、数え年どちらでも構わないようです。

満年齢と数え年のどっちで七五三を行うかは、子どもの成長具合で決めたり、兄弟姉妹で同時に行えるように調整したり、地域の慣わしに従ったりすればよいと思います。

 

最後に

七五三は、地域や家庭によっても違うので、両親に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

七五三のお祝いに、両家のじーじやばーばを呼ぶ家庭もあると思います。何かと準備が大変ですが、子どもの成長を改めて振り返ることができるとても大切なイベントです。家族みんなでお祝いして、思い出に残る七五三になるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました