おむつが臭いと感じない最強の処理方法!真夏でもウソみたいに臭くない

子育て

「使用済みおむつは臭いもの」と諦めて生活してきました。

週に2回しかごみ捨てできないため、真夏はおむつのにおいが臭くてもひたすら我慢我慢!

それが、防臭ゴミ袋のBOS(ボス)におむつを入れて捨てるようになってから、ウソみたいに臭わなくなりました。

もっと早く使えば良かった!

我が家で大活躍している、防臭ゴミ袋BOS(ボス)についてレビューします。

スポンサーリンク

以前までのおむつの処理方法

我が家は24時間ごみを捨てることができるようなマンションではないため、週に2回しか捨てることができません。

普通のビニール袋に入れてから、蓋付きのごみ箱に入れたりして対策しても、臭う臭う。袋を2重3重にしても、臭いにおいはなぜか漏れるんですよね。

家でうんちをしたときはうんちをトイレに流してからおむつをゴミ箱に捨てますが、それでもゴミ収集日前日は、ゴミ箱周辺のにおいが大変なことに。

ごみ箱自体に臭いがうつるので、定期的にごみ箱を洗い、天気のいい日はごみ箱を外に干したり、消臭対策をしていました。

母
臭いのは我慢!おむつは臭いものだ!

恥ずかしいですが、臭いにおいに慣れて生活してました。

 

おむつ処理専用のごみ箱を購入検討するも

おむつ処理対策で、おむつ専用のごみ箱を買おうかと検討していた時期がありました。

でも、いつかはおむつを卒業するわけだし、また新たにごみ箱が増えるのもな~。我が家には、すでに大きいごみ箱が3つもあって置き場所がないし、ごみ箱が増えれば増えるだけ袋を設置する手間が増えるな~。

専用カセットを買い続けなければならないタイプは、コストがかかりすぎて嫌だな~。

と考えて、購入は断念しました。

 

でも、やっぱりほしい!ということで、口コミの良いごみ箱を買おうと調べました。

  • 専用カセットが高い。普通のごみ袋を使えるタイプのごみ箱もあるけど、結局は臭いが漏れてくる。
  • なんとか臭いを抑えられても、最後に袋を縛ってまとめて捨てるときに、強烈な臭いにおいをまき散らす。

などの口コミが。

おむつ専用ごみ箱はAmazonでそれなりに良い評価はあるものの(平均☆4つ前後)、大満足(☆5つ)している人の比率が低く、かなりの低評価(☆1つや2つ)も少人数いました。

「それなり」なのかなと期待を持てず、やっぱり諦めました。

 

BOSはレビュー評価が高すぎる

消臭対策で茶殻を使ってみたり、消臭剤をごみ箱に付けたりしてもダメ。

お金をなるべくかけずに消臭対策するのがベストでしたが失敗。

 

BOSはAmazonのレビュー評価があまりにも高かったので、最後の望みで小分けパックを試してみることにしました。


驚異の防臭袋 BOS (ボス) Mサイズ 45枚入り おむつ処理袋 【袋カラー:ピンク】 小分け パック入り

BOSの評価は☆4.8です。しかも、☆1つ2つの低評価を付けている人がいなくて、ほとんど☆5つ!(2018年7月の時点)

 

専用のごみ箱を買うよりは初期投資がかからないし、ダメでも袋なら何かに使える!ということで、BOSを購入しました。

 

驚くほど臭わない!驚異の防臭力!!

 

なんで臭わないの??なんで?と、夫婦でうんち付きおむつが入ったBOSに鼻を付けて嗅ぎまくりました(笑)

☆1つとか☆2つの低評価が付かないのが納得!

 

BOSが臭わない秘密

BOSは、臭いが漏れるスピードがとてもゆっくりになるように設計されているんだそうです。

そもそも、袋って水を通さないんだから、においも通さないんじゃないの?
という疑問が。

 

私はそう思ってたので、袋を2重3重に重ねてました。でも、なぜかにおいが漏れてくる…

 

袋は水が漏れないから臭いも通さないと思われがちですが、どんな袋でも臭いは通過します。

引用:驚異の防臭袋BOS公式サイト

 

母

どうりで、袋を何重にしても臭うわけだ!

防臭袋(BOS)は、消臭しているわけではなく、袋自体がにおいを通しにくい構造になっています。

BOSを開けるともちろん臭いですが、袋を結べばにおいを閉じ込めることができるので、防臭効果は半永久的!すごいですね。

 

BOSの使い方

我が家ではMサイズを使っています。おしっこの吸収量によって異なりますが、ビッグサイズのおむつが5~6個くらい入るサイズです。

ちなみに、うんちだけではなく、おしっこのおむつも全てBOSに入れて捨ててます。おしっこのおむつも時間が経つと臭ってくるので。

1枚ずつ使うのはちょっともったいないので、おむつが5~6個くらいまとまったら袋を結んで、今まで使っていた普通の蓋付きごみ箱に捨てるだけです。

 

うんちが入ってても本当に臭わないんです!

ごみ箱の蓋を開けても、臭いがしない!

 

うんち付きのおむつがBOSに入っていても、袋に鼻を付けられるほど、ほっとんど臭いがしませんでした!これは本当に感動しますよ!

 

BOSに使用済みおむつを入れる時の注意点

おむつを丸めるテープの接着部分が袋にくっつかないように捨てた方がいいです。

袋にテープがくっついた状態で、

「もう1個入るかな〜」とおむつの詰め放題みたいなことをやると、くっついた部分の袋がびりっと破けます!これは注意か必要です。

 

BOSはペラペラの薄い袋ではないのですが、テープがくっつくと破れやすくなります。

 

BOSのコストは?

BOSのMサイズは、1枚あたり12円くらいです。Mサイズ1袋に5~6個入るので(おしっこの吸収量によって異なります)、6個で計算すると、12円÷6個=2円!

おむつ1個につき2円で驚異的な防臭効果があるとしたら安いと思いませんか?

 

1日にBOSを2枚使ったとしたら、1日24円。30日で720円になります。

おむつ専用ごみ箱の専用カセットは、1か月1,000円くらいかかると言われているので、BOSの方が安いですね。

 

臭い!臭い!と不快になって、「袋の結び方が悪い」などと夫婦で喧嘩になったことも。今では問題が解決したので笑い話です。

たった2円で夫婦の喧嘩も減ると考えたら、本当に安いです!(笑)

 

おむつ処理専用ごみ箱は必要ない

結論。

母
おむつ処理専用のごみ箱は必要ない!
BOSに入れれば、普通のごみ箱に捨てて大丈夫!

おむつ処理専用のごみ箱は、小さいと言えども場所を取りますし、専用カセットを付けるのが結構面倒。最終的にごみをまとめるときに強烈なにおいをまき散らすことを考えたら、おむつ処理専用のごみ箱は買わなくて良かった!と思っています。

 

おむつ処理以外にも使えるからすごい

BOSは、様々なところで大活躍です。

 

家の中では

  • 生ごみ処理
  • ペットのうんちやペットシーツ
  • においが移りやすい食品に

 

外出先では

  • 汚れた衣類の持ち帰り
  • お友達の家でのおむつ処理
  • 車の中でのおむつ処理

 

その他には

  • 災害時の臭い問題にも

 

外出先でおむつを捨てられない時は、おむつを持ち帰ることになりますが、においが漏れてないか心配になることありますよね。車の中は、においが充満しやすいです。そんな時は、BOSがあれば臭いのトラブルを解決できます。

さらに、災害時はトイレが使えなくなったり、停電になると冷蔵庫内のものが腐敗しても、長い間ゴミが捨てられません。災害時は、様々な臭い問題にBOSが使えそうです。

一家に一台BOS!

 

 
BOSは、色々な種類がありますが、袋の色が違うだけで、素材は全て同じです。同じ防臭力を発揮します。

 

最後に

BOSのすごさをご紹介しました。

我が家では、おむつや生ごみ、外出時も大活躍しています。

おむつをまとめて捨てたい方はMサイズ以上がおすすめです。うんち処理の時だけ使いたい方はSサイズ以下がおすすめです。

 

BOSをお試ししてみたい方は、まずは少量パックで試してみてはいかがでしょうか?

おむつが臭わない袋 BOS ベビー用(Sサイズ15枚入)

タイトルとURLをコピーしました