自分でスプーンを使って食べたがる1歳児に!おすすめキャスキットソンのプレート

子育て

1歳3か月頃から下の子は自分でスプーンを使って食べたがるようになりました。

毎食食べさせてあげるのも大変なだし、手づかみ食べは汚れるし、
できることならそろそろ自分でスプーンを使って食べてくれたらこちらも助かります。
(まだまだ小さくてかわいい1歳児にそんなこと言うなんて、と言わないで)

しかし、スプーンを使って自分で食べるのは、最初は難しくてなかなかできません。

スプーンで上手にすくえないので、こぼすこぼす。こぼしまくる!

自分で上手に食べれるようになるポイントは、
手づかみ食べをたくさん経験させてあげることが大切!
と言われていますね。

手で掴んで手首を返して、口に持っていく運動が重要なんだとか。。

そうは言っても、もう時すでに遅し。

上手に食べれなくてもお構いなしに、スプーンをよこせ!と大暴れです。

 

スポンサーリンク

自分で食べたいお年頃は本当に悲惨

自分で自分で!の気持ちが強くなりました。

ん~!!(怒)

はいはい、あ~ん、ね!あ~ん!

ぎゃ~!!(スプーンをよこせ!)

はいはい、スプーンがほしいの?はい、どうぞ!

ひ~~!(すくえない!)

ゆっくりゆっくり!

き~~(イライラ!)

待って~!

え~い!やっ!(お皿をひっくり返す)

テーブルや洋服、床はいつも大参事です。

 

上手にすくえないのはお皿も悪い

食べ方を観察していると、

  • お皿があと少しカーブしてたらすくえるのに!
  • おしい!すくえたのにお皿が動いてしまって落とした!

と、お皿のせいで食べれないこともありました。

お皿が動かないように手を添えることを教えていますが、どうしても上手にお皿を押さえながら食べることはできません。

まだまだ小さい1歳児。右手でスプーンを使って、左手でお皿を押さえようとしても、右手と左手が別々の動きですから、力の加減が難しいです。

 

キャスキッドソンのプレートに変えたら食べやすそう

このプレートに変えたら、上手にスプーンですくえるようになり、食べこぼしが少し減りました。

プレートは、お皿より少し重みがあるので動きにくいです。しっかり押さえなくても動かないので、右手ですくうことに集中して食べることができます。

プレートは大きいので、投げにくいのもいいところ。ひっくり返しそうになることはありますが、小さなお皿よりは大きいゆえに返すのも時間がかかります。今のところ、危ない!と思って押さえても間に合う重さです。

また、メラミン素材なので落としても割れにく丈夫です

 

食べこぼしが少し減った

溝の深さがちょうどいい感じで、角の丸みが食べ物をすくいやすい形状なのがGOOD!

スプーンですくいやすいので食べこぼしが少し減りました!

まだまだへたくそな1歳4か月の子どもでも、上手にスプーンですくえています。

 

とりあえず、今あるお皿で済ませていましたが、もっと前から使えばよかったと思いました。

 

プレートは、こぼしても隣の溝に入ってくれるので、こぼす率も少なくていいです。

隣の溝に入ってしまったおかずも、またすくって食べることができます。

 

食べる量が増えた

お姉ちゃんとお揃いのキャスキッドソン。しかもかわいい柄のプレートに大喜びの下の子。

たいした食事は作ってないですが、プレートに盛り付けたら華やかな見た目になるので食欲も増してくれたようです。

前よりも、ものすごい勢いで食べるようになりました。

おかずを入れるところが多いので、何品も用意しないといけないらプレートはめんどくさい!うちは無理!

と思われるかもしれませんが、何品も作る必要はありません。同じおかずを別のところに入れてもいいのです。私はやっています。

 

上の子は

同じおかずが入ってるよ~なんで?

溢れちゃったから隣に入れたんだよ~。
いっぱい食べて~

そんなに入ってないよ~

そうだったかな~?(とぼける)
いっぱい食べてね~

こんな感じで、気にせず同じおかずを入れています。
見た目が華やかになって食欲が増し、食べやすいんだから、細かいところは気にしません!

 

最後に

まだまだ1歳なのでこぼしますが、キャスキッドソンのプレートは、スプーンですくいやすくて食べやすそうです。本当におおすすめの食器です。

何個もお皿を使うより、プレートのほうが洗うのもラクでよいです。

毎日毎日こぼされてうんざりしている方に、キャスキットソンのプレートはおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました