抗菌石けんの販売禁止!子どもには安心安全なハンドソープを選びたい

子育て

アメリカで抗菌石けんが販売禁止になった記事を書きました。抗菌石けんは、

  • ふつうの石けんより殺菌効果があるという根拠がない
  • 殺菌剤を長期的に使うと耐性菌を生む可能性がある
  • 過剰な除菌は免疫力が下がる
  • 抗菌石けんは、とにかく手が荒れる

という話でした。

抗菌石けんは米国で販売禁止に!効果がない?どうする感染症予防

 

じゃあ、子どもにはどんなハンドソープを選べばよい?

ふつうの石けんってどんな石けん??

と疑問がわいてくると思います。

そこで、子どもに選びたい、安心安全な石けん・ハンドソープをご紹介します。

 

スポンサーリンク

どんなハンドソープを使えばいい?

米食品医薬品局は、「抗菌石けんは、ふつうの石けんより殺菌効果があるという根拠はない」と発表しました。

「薬用」「殺菌」「抗菌」などの表示を信じていた人はショックですよね。

このような売り文句よりも、ふつうの石けんで、時間と手順、洗い残しのないようしっかりと洗えば感染を予防できるというこということです。

ふつうの石けんとは?

石けんとは、界面活性剤の一種で、動植物の油脂から作られます。

成分表示に「石けん素地」と「水」と書かれているのが、昔ながらの石けんです。

「石けん素地」と入っていれば、「固形石けん」でも「泡で出てくるハンドソープ」でもOKです。

 

我が家で使っているおすすめ石けん

我が家で使っている、おすすめしたい石けんをご紹介します。

大人は牛乳石鹸

牛乳石鹸は、ふつうの石けん成分+お肌の保護成分が入っている石けんです。

台所、洗面台、お風呂など、水回りには必ず牛乳石鹸を置いています。

固形石鹸は手洗いだけでなく、ちょっとしたシミ落としにも使えます。子どもが食べこぼしたシミや、ウンチがもれちゃった時の汚れ落としは、固形石鹸が一番きれいに落ちると思います。

しかも、ささっと洗いたいときは、いちいちゴム手袋を使いません。素手でゴシゴシとシミ落とししても、洗剤より手が荒れにくいのが石鹸の良いところです。

赤箱と青箱の違い

青箱は、ソフトな泡立ちでさっぱりした洗い上がり。
赤箱は、青箱より少し高いですが、ミルク成分が多く入っているのでクリーミーな泡立ちでしっとりした洗い上がり。

子どもはパックスベビーハンドソープ

子どもは固形石けんで泡立てるのが難しいですよね。成分が「石ケン素地」で作られているパックスベビーの泡ハンドソープがおすすめです。

外出用には、ミニハンドソープを持ち歩いています。

小さいのでバックに入れても邪魔になりません。石けんがない場所で手を洗いたいときにも大活躍です。

保育園では、除菌タイプのハンドソープを使っているので、特に冬場は、子どもの手はガッサガサになり手が赤くなって帰ってくることが多いです。

土日や長期お休みの時は、家でもお出かけ先でも「ふつうの石けん」を使って洗っているので、子どもの手荒れがありません。



固形石鹸はコスパ最強

ポンプで出てくるタイプのハンドソープは、補充しても「あれ?もうなくなってる」と感じたことはありませんか?常にストックしておかないと、すぐなくなってしまうものです。

それに比べ固形石鹸は、いつまで経っても減りません!少しずつ少しずつ溶けて小さくなるので、1個100円以下で安く買ったのにものすごい長持ちです。

大人は基本固形石けんで、子どもは泡で出てくるハンドソープというように使え分けると、かなりの節約になりますよ。

 

ふつうの石けんは手に優しい

除菌ハンドソープを使っても子どもは風邪ひくし、こんなに手洗いうがいしてるのに大人にも風邪がうつる。さらに、除菌ハンドソープは成分が強すぎて手が荒れるし、除菌って意味あるの?と疑問に思っていました。

除菌ハンドソープを使い続けていたら、どんどん手荒れがひどくなっていきました。

おむつ替えのたびに除菌!抗菌!のハンドソープでゴシゴシ手洗い。

おむつ替え以外でも、菌に敏感になってしまい、除菌!抗菌!と念入りに手を洗うようになりました。

その結果、手がパックリひび割れたり、ブツブツが出たりガサガサになったりと、日々手荒れとの戦いになってしまいました。最終的に皮膚科のお世話になるとこに。

洗い過ぎだなと感じ、手荒れに良いハンドソープはないかと探したら、薬用だとか除菌のハンドソープではなく、昔ながらの「石けん」に変えると手荒れが良くなると聞いたので、成分が石けん素地の牛乳石けんに変えました。

ハンドソープだけでなく、食器洗いの洗剤もやめて、石けんで食器を洗いました。
すると、どんどん手荒れが良くなっていったのです。

 

最後に

子どもには安心安全な石けんを選びたいですよね。

抗菌石けんは、ふつうの石けんより殺菌効果があるという根拠はないし、殺菌剤を長期的に使うと免疫力は下がり、耐性菌を生む可能性があります。

また、合成物質がたくさん入っている除菌ハンドソープは、成分が強すぎて手が荒れます。

 

そこで、手洗いには「ふつうの石けん」を使うという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました