子どもの「なんで?なんで?」が始まった!親の対応の仕方

子育ての悩み

3歳頃から子どもの「なんで?なんで?」と質問攻めが始まりました。

ついにうちの子も「なんで?なんで?」が始まったか〜!成長したな〜!なんて思えたのは一瞬!

「なんで?なんで?」に疲労困憊の毎日です。

 

スポンサーリンク

3歳編「なんで?」

3歳の頃は、答えようのないちょっと無意味な「なんで?」が多かったです。

 

 

子供
子供

なんでおうちの壁は白いの?

母

大家さんが白にしたかったんじゃない?(始まった…)

子供
子供

なんで大家さんは白にしたの?

母

白が好きだったんじゃない?(テキトー)

子供
子供

なんで白が好きなの?

母

えーっと、きれいな色だからかな?分からない…(降参!白旗フリフリ)

子供
子供

なんであっちの家は緑なのにうちは白なの?

母

えっ、だから大家さんが白が好きなんでしょ。
(まだ続くのか、もう白旗あげてますけど)

子供
子供

なんで白が好きなの?

母

また戻るのか!分からないなー!(イライラ)

子供
子供

なんでおうちはこっちにあるの?

母

なんで?こっちにあるからこっちがおうちなのー!
(もう、こっちも意味不明!)

4歳編「なんで?」

4歳になると質問も難しくなってくるので、答えるのが大変です。

 

子供
子供

なんで風は吹くの?

母

雲さんがあっちに行きたいよ~って動くからかな?

 

子供
子供

なんで雨がふるの?

母

お空が泣いてるんだよ

これくらいは、まだまだ序の口です。

 

こんなのがくるとお手上げです。

 

子供
子供

なんで近くの車は早いのに、遠くの車は遅く見えるの?

 

 

これは、なんて答えればいいのか分からず、

母

なんでだろうね。同じ速さでも近いものは早く見えて、遠くのものは遅く見えるものなんだね~よく気づいたね~!

で褒めて終わらせました。

4歳になると質問が難しくなってくるので、グーグル先生にでも聞いてくれ〜と言いたくなるほどです。

(その後グーグル先生は、見える角度の違いと教えてくれました。ありがとう。)

 

さらに、さらに、

難しい質問は調べれば答えられますが、4歳になるとマジメな顔してこんなことを聞いてきます。

子供
子供

なんでお父さんはあんなにクサイの?

母

えっ??臭くないよ。あんなにって…

子供
子供

臭いよ!しかも、いつも臭い。

母

いつもって…何か臭いの?

子供
子供

お父さんが、えっと、寒い時にいつも着てる、えーっとなんて言うんだっけ?モコモコしてる臭いやつ。すごい臭い。

母

フリースのこと?臭くないから。
しかも、すごいって…

子供
子供

臭いのやだよー!あれキラーイ!

注意 私がお父さんのことを臭いと言ってるから子どもがマネして言っているんだろー!と思われるかもしれませんが、子どもの前でお父さんが臭いと言ったことはありません!!

4歳女子はニオイに敏感です。

 

「なんで?」は好奇心を伸ばす絶好のチャンス

3〜6歳の「なんで?」が出る時期は質問期と呼ばれるそうです。この好奇心旺盛な時期の「なんで?」にきちんと答えてあげることで、学習意欲や知的好奇心を活発に育てることができるそうです。

発明家のエジソンも小さい時は人一倍「なんで?」と好奇心の強い子だったとか。

我が子の好奇心を伸ばしてあげるために、「なんで?」にうまく答えるにはどうしたら良いか、私が気を付けていることや実践していることを3つご紹介します。

 

1.質問を笑わずに一緒に考える

笑われるから質問するのやめようと思われたら好奇心をつぶしてしまうと思ったので(うちの子は結構な繊細女子)、いくらおもしろい質問をしてきても必死に我慢!

「よく気づいたね~」「そうだね~」と共感して、一緒に考えたり答えるようにしています。

2.すぐに答えて最後まで付き合う

あまりにしつこいと「今忙しい~!後にしてー!」と言いたくなります(正直言ったことがあるので反省しています)。しかし、興味が膨らんでいる時が吸収力が高い時なので、「なんで?」が始まったらすぐに答えて、最後まで付き合うようにしています。

3.質問返しする「なんでだと思う?」

質問に答え続けていると「なんで?」が違う方向にいくときがあります。子どもの年齢に合わせて頑張って答え続けるのも大変なので、あまりに長引く時は、

「なんでだと思う?」

と逆に質問すると必ず終わってくれます。自分でも考える力を付けてほしいので、この方法はおすすめです。

 

最後に

3~6歳の「なんで?なんで?」の時期にきちんと答えてあげれば、将来疑問に思ったことは自分で調べたり自分で勉強するようになるらしいです。勉強しなさい!と言ったところでやってくれるものではないですよね。今の質問期を大切にしつつ、「おもしろなんで」を楽しみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました