抗菌石けんは米国で販売禁止に!効果がない?どうする感染症予防

子育て

抗菌(薬用)石けんが販売禁止になって1年くらい経ちました。

このニュースを聞いた時は、「今まで除菌!除菌!と、やってきたのはなんだったんだ!」と思いました。

普通の石けんと水による手洗いが一番良いってどういうこと??

スポンサーリンク

抗菌(薬用)石けんが販売禁止のニュースとは?

米食品医薬品局(FDA)は、抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌石けんやボディーソープなどを販売禁止にすると発表した。通常の石けんより殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の安全性も検証されていないとしている。

(日本経済新聞web版引用)

米国での措置を踏まえ、販売メーカーに対し、1年以内にこれらの成分を含まない製品へ切替えるよう厚生労働省が要請しました。
参考 トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します/厚生労働省2016年9月

抗菌は効果がないどころか、有害となりうる可能性も

抗菌石けんは、細菌の増殖を防ぐのに効果があると考えていました。しかし、通常の石けんと水より有効だという科学的根拠はなく、さらに、殺菌剤を長期的に使うことで、耐性菌が増えるリスクがあるというのです。

そもそも、このニュースはあまり大きく報道されなかったのですが、注目すべきは効果に根拠がないことよりも、耐性菌を生む可能性が高いというところ。

最近は、抗生剤が効かないスーパー細菌が増えているという話を耳にします。それは、必要以上に抗生物質を使い過ぎているから。もしも自分がスーパー細菌に感染してしまったら?と考えると怖いですね。

過度な除菌・抗菌は抵抗力や免疫力も低下する

過度な除菌や殺菌は抵抗力も免疫力も低下させ、むしろ感染症をおこしやすい肌を生んでしまうそうです。最近の過剰な除菌ブーム以降、病気やアレルギーになる子どもが増えているという話もあります。

 

抗菌石けん以外でどのように感染症対策すればいい?

FDAは、「抗菌石けんは通常の石けんより殺菌効果があるという根拠はない」としていて、「通常の石けんと水による手洗い」を推奨しています。

ということは、余計な化学物質が入っていない「石ケン素地」と「水」のみで作られた、昔ながらの普通の石けんで良いということ。

感染症対策は「正しい手洗いが有効」であることは変わりないので、普通の石けんで、時間と手順、洗い残しのないようしっかりと洗えば感染を予防できるのです。

除菌だ!抗菌だ!と、わざわざ手が荒れるのを我慢してまで、化学物質が入っている石けんを使わなくてよかったということですね。

抗菌石けんの販売禁止!子どもには安心安全なハンドソープを選びたい

 

抗菌石けんは手が荒れる

我が家では、抗菌石けんが販売禁止のニュースを聞く少し前から、除菌・抗菌系のハンドソープを使うのはやめていました。

なぜなら、除菌ハンドソープは手が荒れるから!

除菌ハンドソープは、とにかく手が荒れます。子育てを始めてから手を洗う機会が多くなり、手を洗うたびにボロボロになっていくのを感じていました。

抗菌ハンドソープをやめて、普通の石けんに変えてから、皮膚科のお世話になることもなくなりました。

除菌・抗菌石けんを使わなくなってから、風邪を引きやすくなったということもなく、ごく普通に生活しています。むしろ、手荒れによる傷がないので、細菌が入り込むリスクが減っていると思います。

 

最後に

過剰な除菌は考え直さないといけないですね。耐性菌も怖いので、簡単にすぐ効く抗生物質に頼り過ぎないようにしたいです。普通の石けんで手洗い・うがいをして予防し、抗生物質や抗菌製品を使うときは慎重にならなければならないと思いました。

 

子育て中の方は、感染症予防対策で除菌・抗菌は特に気にしていると思います。

  • 抗菌石けんは効果がない
  • 殺菌剤を長期的に使うと耐性菌を生む可能性がある
  • 過剰な除菌は免疫力が下がる
  • しかも、手が荒れる!

これを機に、普通の石けんに変えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました