R-1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで手作り!作り方を紹介

暮らしにいいもの

ストレスや暴飲暴食などのせいで、腸内環境はなかなか良くならない。毎日ヨーグルトを食べているけど、便秘→ガス→下痢の繰り返し。ヨーグルトも自分に合うヨーグルトじゃないと効かないと聞いたので、注目されているR-1ヨーグルトを試してみることにしました。

ところがR-1ヨーグルトは値段が高い!こんなの毎日食べてたらお金が続かない。。。と諦めかけていたところ、R-1ヨーグルトは手作りできると聞き、早速挑戦!

自宅でヨーグルトメーカーでヨーグルトを作ってみたら意外と簡単にできました。
とても簡単にR-1ヨーグルトを手作りできるので、作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

手作りR-1ヨーグルト作り方

手作りR-1ヨーグルトは、とっても簡単に作れます。

用意するもの

1.ヨーグルトメーカー

2.ロングスプーン

3.牛乳パック用キャップ

4.成分無調整牛乳

(1000mlまたは500ml)

5.R-1ヨーグルト

6.砂糖(1000ml-30g、500ml-15g)
砂糖があったほうが菌のエサになって上手に作ることができるらしいですが、砂糖はなくてもできます。私は入れていません。

作り方

1.よく手を洗う。使うスプーンなどの道具は煮沸消毒する。

ヨーグルト作りに汚れや雑菌は禁物。よく手を洗い、牛乳に直接手が触れないようにする。

 

2.冷蔵庫から牛乳を出して、常温に戻しておく。または、冷蔵庫から出した牛乳をレンジで温める。

牛乳が冷えていると、ヨーグルト菌の活動が鈍くなる

 

3.牛乳パックの口を開いて、R-1ヨーグルトを入れ、底の方までよくかき混ぜる。

牛乳1000ml、R-1ヨーグルト120ml→出来上がりまで8~10時間
牛乳500ml、R-1ヨーグルト60ml→出来上がりまで5~8時間

 

4.パックの口をクリップで止めて、ヨーグルトメーカー本体に入れ、スイッチON!

 

5.発酵が終了したら半日以上冷蔵庫で冷やして完成!

 

ヨーグルトメーカー

私が用意したヨーグルトメーカーは、和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカーです。
安くてシンプルで使いやすいです。
2000円以内で用意できました。

温度調節やタイマー調節もできるヨーグルトメーカーはこちらです。

ロングスプーン

牛乳をかき混ぜる時に使うロングスプーンはこちらがおすすめです。
煮沸消毒もしやすく、牛乳パックのふちに引っ掛けられる折り返しが付いていて使いやすいです。

牛乳パック用キャップ

ヨーグルトメーカーに牛乳を入れる際に使用します。
100円ショップでも売っています。

ヨーグルトメーカー以外でヨーグルトを作れる

ヨーグルトメーカーでとっても簡単にしかもおいしくヨーグルトを作れるのですが、
ヨーグルトメーカーでなくても、ホームベーカリーや、サーモスのシャトルシェフや、保温性の高い魔法瓶などでも手作りできるらしいです。

明治もR-1を種菌にしてヨーグルトを手作りできると言っている

明治 Q&A 参考URL

・R-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできますか?

・プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできます。
ただし、プロビオヨーグルトR-1の特長である1073R-1が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なります。
一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。
そのため、当社で生産しているプロビオヨーグルトR-1をお召し上がりいただくことをおすすめします。
参考URL

とあるので、同等量EPSではなくても
R-1ヨーグルトは手作りできる!
ということですね。

 

最後に

R-1ヨーグルトを継続して食べるには、ヨーグルトメーカーで手作りした方が簡単で経済的です。

R-1の特長である1073R-1が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なるので、同等量のEPSは作り出せないかもしれませんが、R-1に似たヨーグルトは作れると思います。

手作りしたR-1ヨーグルトの成分は調べられませんが、市販のプレーンヨーグルトより、かなり濃厚でおいしいヨーグルトを作れるのは間違いないです。

とってもおいしいヨーグルトができるので、ヨーグルトメーカーを使って自宅でヨーグルトを作ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました