幼児ポピー「ポピっこあかどり」共働きでもゆるく続けられそう

通信教育・家庭学習教材

4月からポピーの学年が上がり、「ポピっこ きいどり(年少向け)」から「ポピっこ あかどり(年中向け)」に変わりました。

「きいどり」はメインの教材が1冊でしたが、「あかどり」は「わぁくん」と「ドリるん」の2冊になりました。

教材が2冊に増えても料金は変わらないところが、さすがポピー。

幼児ポピーを続けて1年ちょっと経ちましたが、共働きでもゆるく楽しく親子でポピーを続けています。

公式サイト 2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

スポンサーリンク

幼児ポピー「あかどり」の内容

幼児ポピー「あかどり」のメインの教材は、「わぁくん」「ドリるん」の2冊です。

保護者と一緒に楽しむページと、子どもが一人でも学習できて、達成感を味わえるページがバランスよく構成されています。

わぁくん

 

 

4月号の、春の虫や植物についての紹介のページは、丸い窓をめくって探す仕掛けがあります。

 

てんとう虫の窓をめくると…

 

飛んでいる姿が見れたり、

 

石の下には何がいるかな?と想像しながら窓をめくると、ダンゴムシがいたり。

 

好奇心を刺激する作業がたくさん盛り込まれています。

うちの子は、この窓の切り取り線をピリピリはがす作業がお気に入りでした。

頑張ってはがしてめくってみると(作業)、写真が変化する仕掛けが(好奇心を刺激)とっても楽しそうでした。

 

ドリるん

 

言葉や文字を学習するドリルです。

迷路や間違い探しなどで頭を使ったり、実際にひらがなを書く練習が始まりました。

「きいどり」は、ひらがなを「読む」でしたが、「あかどり」は「読み」だけではなく「書く」こともメインになっています。

 

4月号は、ギザギザをなぞったら、

 

「く」の練習です。

ギザギザを楽しくなぞるのは、「く」を書くための運筆の練習になっていたということですね。

 

「あ」からじゃないの?と疑問に思いましたが、一画で書ける「く」からのスタートのようです。「あ」は、子どもにとっては難しいですよね。

 

読み書きに自然と興味と関心を引くための工夫が施されているなと感じました。

公式サイト 小学校入学準備がしっかりできる【月刊ポピー】今なら無料見本プレゼント

飽きさせない工夫

最後のページに全ページの学習内容が分かるようになっているのですが、ご覧の通り、ひらがなの次は迷路、次は数字、というように、同じことを続けさせないので、飽きずに続けられます。

 

我が家のポピーの進め方

1日10~20分とか、1日数ページずつ毎日少しずつやり進めていって、楽しく勉強をする習慣をつけさせるのがいいんだと思います。

 

でもうちの子は、

「きいどり」は、届いたその日に1冊終わっていました。

 

 

「あかどり」になってからは、週1回くらい数ページだけ進めるようになりました。

 

1年続けてきて、子どものペースができてきたようです。

共働きで平日は余裕ないので、週1くらいのペースで進めるのが、子どもも親もちょうどいいなと感じています。

 

子供が一人でも取り組める

ドリるんは、子どもが一人でも進められるページがあるので、平日の夕方、自分から進んで一人でやっている時があります。

そんな時は、途中で声掛けしたりヒントを教えたりしながら、終わったページを後で見てあげています。

みっちり横について見てあげてないということです(汗)

 

休みの日は、ゆっくりと一緒に取り組めるんですけど…
平日の夕方は、何かと忙しいの~(汗)

 

ちょっと罪悪感を感じていましたが、脳科学者で「ポピっこ」監修の篠原先生がコラムでこのように言っていました。

ずっと横にいてアドバイスをし続けるのではなく、子どもの様子を見ながら適宜アドバイスを行っていくことが望ましい。おうちの方が少しかかわることで、楽しくリラックスして集中でき、子どもの創造力が鍛えられる。

 

親が、ほどよく関わってあげるのが良い。

子どもの様子を見ながら(合間に夕飯の盛り付け)、ほどほどにアドバイスや声掛け(合間に下の子の相手)をすることで、子どもが色々な事を考える力がつく、ということですかね。

いいように、解釈しました(笑)

 

子どもの機嫌と体調、やる気(と親の余裕)は日々違うので、毎日ポピーをやるのはちょっと無理ですが、こんな感じで、共働きでもタイミングをみながら、少しずつゆるく進めています。

公式サイト 幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!

上の子がポピーしている時、下の子は何してる?

うちは、下の子は2歳でイヤイヤ期真っ最中。しかも突進型で、何でもかんでも手を出すタイプ。

お父さんとお母さん2人で協力して、「どちらかが上の子のポピーを見て、どちらかが下の子の相手をする」というのがベストです。

でも、大人1人しかいない時は、ポピーをやる上の子を見ながらイヤイヤ期の相手をしなくてはなりません。それはそれは大騒ぎになります。

上の子がポピーをやり始めると、下の子はシールは横取りしてペタペタ貼ってしまうし、ドリルも横取りしてお絵描きしてしまいます。最後は、姉妹で大喧嘩…

 

対策としては、下の子用に別のシールを用意したり、やり終わった過去のポピーをあげて、それにお絵描きをさせてます。

古いポピーを見ながら「これ、ちょうちょだね~(下の子が知ってる言葉)」などと話しかけながら、上の子のポピーを見てます。

 

下の子はなんでもお姉ちゃんのマネをしたがるので、お姉ちゃんがポピーを楽しそうにやっていれば自然と下の子も興味がわいてくるだろうと期待して、今は我慢の時かなと思っています。

毎回お手上げ状態というわけではないですが、一人で「学習する子ども」と「イヤイヤ期の突進していく子ども」を見るのは大変ですね。

 

「できること」ではなく「好きになること」

子どもの脳の発達を調べると、5歳前に発達のピークがあるのは、記憶や価値判断にかかわる部位なんだとか。

「〇〇をすることがいい記憶になり、好きになること」が5歳前の脳にとって最重要課題。その上で「〇〇ができるようになる準備」を進めていくのが幼児期の脳には大事なんだそうです。

習い事や教材をやると、「〇〇ができるようになる」と結果に目がいってしまいますよね。

ポピーは、結果ではなく、

  • 何かを好きになっていくこと
  • 脳に必要な、頭や体を使うこと
  • 人とかかわることが好きになること

を目標としているそうです。

 

習い事の代わりにポピー

共働きですが、習い事の1つくらいはやらせたいと思い、3つくらい習い事の見学に行きました。でも、「やりたくな~い、嫌~」と言われてしまったので、今はポピーに落ち着いて、ゆるく継続中です。

共働きでも習い事をやっている家庭もあると思いますが、決まった曜日&時間に送り迎えしたりするよりは、おうちで子どもに寄り添って、親子でゆるくポピーをやる方が我が家には合っているなと感じています。

いつかは習い事にも興味を持ってくれるかもしれませんが、今は、外での習い事より、おうちでポピーをやる方がタイミングをみながらやりやすいです。

 

共働きでも続けられる幼児ポピーに興味がある方は、まずは無料見本を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

公式サイト 家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

タイトルとURLをコピーしました