認可外保育園の選び方と見学のポイント~失敗しない保育園選び~

保育園

我が子が長時間過ごす保育園。認可保育園は入園が難しい今、認可外保育園探しはとても重要です。

でも、良い保育園・悪い保育園はどうやって見極めるの?と疑問に思いますよね。

そこで、認可外保育園(無認可保育園)の選び方と見学のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

認可保育園・認可外(無認可)保育園とは?


(図は東京都福祉保健局のHPより)

 

認可保育園(認可保育所)は、国が定めた基準をクリアし、都道府県知事に認可された施設です。保護者が仕事で世話をする人がいないなど、「保育の必要性」があると区市町村が認定した児童をあずけることができます。保育料は、区市町村が保護者の収入に応じて定めているため、その地域内のどの保育所に入所しても原則同じ金額になります。

新制度では、家庭的保育や小規模保育、こども園なども認可施設・事業になりました。

 

無認可保育園(認可外保育施設)は、国が定めた基準を満たしておらず、認可を受けていない施設です。仕事の有無に関わらず、希望すれば誰でも施設に直接申し込み契約することができます。保育料は、設置者が自由に設定できるため、施設によってさまざまです。

認証保育園(東京都独自の制度)や、保育室、保育ママ、ベビーホテルなども含まれます。

スポンサーリンク

認可外保育園の選び方と見学のポイント

事故のニュースを聞いてあまり良いイメージを持ちづらい認可外保育園ですが、英語教育や知育に力を入れていたり、幅広いニーズにこたえるなど保育内容や特徴は様々です。きちんと調べて探せば良い保育園が見つかると思います。

 

事前に必ず見学する

見学のときは、必ず子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう。

良い保育を行っている施設は、普段の保育の様子や施設などを自信を持って見せてくれるはずです。

また、なるべく多くの保育園を見学して、見る目を養いましょう。

 

子どもたちと保育する人の様子を見る

  • 子どもが落ち着いて過ごしているか
  • 子どもたちの表情がいきいきとしているか
  • 保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか
  • 保育士の資格を持つ人がどのくらいいるか
  • 保育する人の数が十分か、経験豊富な人がいるか

保育士が笑顔であいさつができず、疲れ切った様子の保育園は要注意です。保育をする人の数が足りず、子どもたちに目が行き届いていないかもしれません。

 

施設の様子を見る

  • 赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか
  • 子どもが動き回れる十分な広さがあるか
  • 遊び道具がそろっているか
  • 外遊びをどのくらいの頻度でやっているか
  • 陽あたりや風とおしがよく、清潔かどうか
  • 災害のときのための避難口や避難階段があるか
  • 非常災害に対する具体的計画を立ているか

SIDSの予防にどのように取り組んでいるか、緊急時の対応など、説明がない場合はこちらから質問しましょう。また、園庭がない保育園がほとんどですので、どのように対応しているのか確認しましょう。

 

保育の方針などを確認

  • 保育に対する考え方や保育方針はどうか
  • 児童の生活リズムに沿ったカリキュラムを設定しているか
  • どんな給食が出されているか
  • 連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか
  • 育児で悩んだときに相談しやすい保育園かどうか

保育園と家庭の連携は子どもにとっても大切です。保育園と家庭で寄り添いながら子育てできるか見極めたいものです。

 

選考基準

先着順の場合と、独自の基準で選考される場合があります。先着順の場合は、申し込み書がいつまで有効なのか確認します。独自の基準は、例えば、男女比率、月齢、祖父母がいるか、迎えにすぐ来れるか、など、質問すると教えてくれる場合が多いです。

 

見た目と料金だけで決めない

キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めないようにしましょう。

 

立入調査結果を確認

東京都認可外保育施設指導監督基準を満たした適切な運営・保育内容であるか、東京都が施設へ立ち入って調査しています。その調査結果について、ホームページで公開していますので、施設を選ぶ参考にしてみてください。

認可外保育施設(ベビーホテル等)立入調査結果一覧

 

保育料助成の対象施設かどうか確認

指導監督基準を満たす旨の証明書を受けた保育施設を利用し、いくつかの条件に該当すると、保育料の一部が助成される場合があります。

 

最後に

認可外保育施設のイメージは、「料金が高い」「基準を満たしてない」など悪いイメージを持ちやすいですが、かなりこだわった保育をしてくれる施設もあります。幅広いニーズにこたえてくれ、行事が少ない、保護者会がない、登園の持ち物が少ないなど、認可よりも保護者の負担が少ない施設もあります。

100%満足できる保育園を探すのは難しいですが、その中で、少しでも良い保育園を選びたいものです。

紹介した保育園の選び方と見学のポイントを、ぜひ参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました