保育園入園準備はいつから?揃える物の注意点や便利な時短グッツなど

保育園

保育園の入園が決まってから入園するまでの期間は結構短いので、入園準備はなるべく早く始めたくなりますよね。

しかし、準備する物は各園によって違いがあったり決まり事があるので、何も確認せずに準備をすると不要な買い物が増えてしまい、後から後悔することになるかもしれません。

 

入園準備で失敗しないためのポイント(準備をする時期、リスト、注意点、時短便利グッズなど)をご紹介します。

 

スポンサーリンク

入園準備はいつから?

保育園では、入園前に「入園説明会」や「面談」があることが多いので、「入園説明会」や「面談」を待ってから本格的に必要なものを用意しましょう。

というのも、入園準備リストや注意点などは、各保育園によってかなり違いがあるからです。

保育園からの説明を聞いてから準備するのでは時間がなくて不安だという方は、買うお店のリサーチだけでも事前にしておくとスムーズに準備できますよ。

 

入園準備リストと注意点の例

登園に必要な物や注意点は各園によって違うので、参考程度に見て下さい。

 

 

  • ループ付きお手拭きタオル
  • 手口拭きタオル
  • 汚れ物を入れる袋
サイズの指定有り。

 

 

  • お食事エプロン
袖付きタイプ or 袖なしタイプ、とめるタイプ(マジックテープ or ボタン)の指定有り。

 

 

  • 着替え
  • 上着
肌着、Tシャツ(半袖、長袖)、パンツ(半ズボン、長ズボン)が数セット必要。
安全で着脱しやすいもの(フード付き・ロンパース、キャミソール・タンクトップなどは不可)という指定有り。

 

 

  • おむつ
  • おしりふき
布おむつの場合は、おむつカバーが必要な園もある。
紙おむつの場合は、保育園で処分してくれる園と持ち帰りが必要な園がある。持ち帰りが必要な場合は防臭袋がおすすめ。

 

 

  • 帽子
あごヒモ付きの指定有り。

 

 

履きやすく履かせやすいものという指定の他に、かかとがないサンダルタイプは不可。

 

 

  • お昼寝用のシーツや布団カバー
持ち込んだ布団でお昼寝をする園や、布団は保育園の物でシーツだけ用意が必要という園がある。
お昼寝用コット(簡易ベッド)を使っている園は、手作りの専用シーツが必要な場合も。

 

 

その他にあると便利なグッズ・時短グッズ

 

お名前スタンプ

オムツや洋服など全ての物に記名する必要があります。全て保育園支給という保育園でも、何かしら記名する機会はあると思います。

そんな時に、小学校入学時にも使えるお名前スタンプがおすすめです。

セットに入っている布用のインクを使えば、何度洗濯しても洋服の名前はかなり長いこと消えません。

お名前スタンプは3月に入ると混んでいるお店が多いので、作成してもらうのに時間がかかる場合があります。

 

非接触体温計

どの保育園でも、毎朝体温を測って保育園に知らせないといけません。動かないうちはいいですが、歩けるようになると嫌がって逃げたりするので時間を取られて結構大変。

そんな時は、体に触れなくても1秒で検温できる非接触体温計がおすすめです。

多少の誤差はあるので、体温以外にいつもと様子が違う時は、普通の体温計で測り直した方がいいですが、時間がない朝には本当に便利です。

 

雨対策グッズ

意外と忘れがちなのが、雨の日対策。

登園時に雨で子供が濡れてしまうと、機嫌が悪くなったり着替えをさせたりと大変になることが多いです。歩いて登園なのか自転車で登園なのかで違いますが、雨対策は準備しておいた方がいいですよ。

視界が広くて子供が喜ぶ自転車用カバー

小さい子のレインコートは上下で着せると濡れにくい

 

入園準備におすすめなショップ

ベルメゾン

ベルメゾンネット
お名前スタンプやループ付きタオル、お食事エプロン、コット用シーツなど、なんでも一気に揃えることができるのでおすすめです。

子供服は、保育園着として着れるデザイン(着脱しやすくて、余計な装飾が付いていない)が多く、名前を記入できるタグが付いているので使いやすいです。

 

Amazon

入園準備だけではなく日常的にも使えるのは、安くて早いアマゾンがおすすめです。

会員になると、配送対象エリアに住んでいれば追加料金なしでおむつなどを2時間ごとの受け取り枠内に届けてくれる「prime now」や、映画やアニメなどのTV番組が追加料金なしで見放題になる「prime Video」もあります。

 

最後に

出費がかさむので、無駄買いはなるべく避けたいですよね。入園準備は、保育園の説明会や面談で話を聞いてから進めましょう。

保育園準備は結構大変ですが、下調べしておくことで後々ラクになります。

紹介した入園準備をする時期や注意点、その他の時短便利グッズなどをぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました