メルちゃんの家「みんなおいでよ! なかよしハウス」で遊んでみた

おもちゃ・玩具

帰省したときにじじばばが、メルちゃんのお人形とメルちゃんのおうち「みんなおいでよ! なかよしハウス」を買ってくれました。

4歳上の子は、東京ドームシティにある「アソボーノ」でメルちゃんと初めて出会ってから、すっかり虜になってしまいました。子どもにとっては、念願叶ってメルちゃんをゲット!

関連 東京ドームシティ「アソボーノ」で遊んできた!東京ドーム株主優待

 

メルちゃんのおうちは口コミでも人気なだけありますね。

もう少しで5歳と2歳の子供が、奪い合いながら(仲良くとはいきませんが)楽しく遊んでいます。

関連 メルちゃんお人形セットは種類が豊富!人形本体の違いと選び方

今回は、メルちゃんのおうち「みんなおいでよ! なかよしハウス」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「なかよしハウス」に入っているもの

おうちの他に、かわいい小物や、ごっこ遊びに大活躍する物も入っていますよ。

床シート

買うまで知らなかったのですが、キッチンやベット、お風呂などのイラストが描かれているシートが付いていました。

 

レジャーシートのような素材で、シートの上におうちを置いて遊ぶことができます。

ごっこ遊びでは、このシートが大活躍です。

小物パーツ

  • テーブル
  • ハンガー
  • 宅急便の箱
  • 新聞
  • お手紙

が入っています。

 

うちの子はたちは、意外にも「鍵」にハマって取り合いになっていました。

特に下の子はかなり気に入ってしまい、インターホンを「ピンポ~ン♪」と押して、

 

ドアの鍵をあけて「ばぁ!」と顔を出すの繰り返し。これでもかというくらい遊んでいました。

 

「なかよしハウス」のインターホンが、家の本物のインターホンの音と全く同じ音でした!

どっちが鳴っているのか時々分からなくて困りました(笑)



片付け方法

メルちゃんシリーズは、小物が小さいので無くさないように片づけられるか心配していたのですが、全然大丈夫でしたよ。

 

おうちの中に、テーブルやシートなどすべて入れて、

 

パタパタとふたをして、

 

さらに、二つに折るととてもコンパクトになります。

 

こんな感じで、隙間にシュッと入りました!

収納場所がないので心配していましたが、なんとか入って良かったです。

なかよしハウスの小物は、すべて収納することができます!かさばらずコンパクト!

片付けのことまで、しっかりと考えられた作りで感動しました。

子供でもしっかり片づけられますよ。

 

「なかよしハウス」が入っていた箱が大きかったので、「こんなデカイ物が増えたら、どうやって収納しよう…」と心配していたのですが、中に入っていたおうちはとてもコンパクトでした。

 

ちなみに、別売りのお風呂やベットなどは、おうちの中に一緒に収納するのは難しそうです。

 

対象年齢

「みんなおいでよ! なかよしハウス」は、3歳~となっていますが、小さいパーツを気を付ければ2歳前からでも遊べる印象です。

下の子は1歳9か月のときに「おせわだいすきメルちゃん(対象年齢1.5歳~)」と「おしゃれヘアメルちゃん(対象年齢3歳~)」と合わせて「なかよしハウス」も買いましたが、2歳前でもメルちゃんをトントンして寝かしつけたり、ミルクを飲ませてごっこ遊びをしたり、おうちの鍵やインターホンで遊んだり、家の中に自分が入ったりして楽しんでいます。

4歳の上の子は、もっとリアルなごっこ遊びを楽しんでいます。もうすぐ5歳になるので、いつまで遊べるか分かりませんが、今のところ長く遊べるおもちゃだなと感じています。



関連商品

「なかよしハウス」に入っていた床シートにもあるように、ベットやトイレ、キッチンなどなど、様々な関連商品があります。

メルちゃんとおうちで遊んでいると、

「お風呂に入れたい!」

「お洗濯したい!」

と思うようになって、他のグッツも買いたくなっちゃいますね。

おせんたくセット

おかたづけもできちゃう! いっしょにおねんねベッド

メルちゃんといっしょにおトイレ

メルちゃんのバスタブ

うさぎさんそうじき

全部揃えたら、ごっこ遊びが楽しくなりそうですね。

でも我が家では、シートに描かれている絵だけで満足しているみたいです。

 

最後に

「みんなおいでよ! なかよしハウス」についてご紹介しました。

メルちゃんシリーズは、おもちゃ大賞を受賞しているだけあって、本当によくできたおもちゃだと思います。

なかよしハウスは、メルちゃんの人形以外にも、家にある他のぬいぐるみや、おままごとのおもちゃなどがあれば一緒に遊ぶことができるのでオススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました