学研の日本地図パズルで遊びながら日本地図を覚える

おもちゃ・玩具

小さい子どものうちから遊びながら日本地図を覚えてくれたらいいなと思い、前から気になっていた学研の木製パズル日本地図をようやく手に入れました。

この学研の日本地図パズルは、47都道府県を1ピースずつ分けることで、パズル遊びをしながら日本地図を覚えられる木製玩具です。
楽しく遊びながら、日本の形や都道府県の形、名前、位置、大きさなどが自然に身につきます。

うちの子は2歳くらいからパズルにハマって、4歳になった今でもパズルが大好きです。
まだ4歳ですがパズル好きなだけあって、日本地図パズルもとても楽しく遊んでいます。

学研の木製パズル日本地図の特徴や、実際にパズルをやってみた子どもの反応などをご紹介します。

スポンサーリンク

日本地図パズルの特徴

●地方ごとに色分けされている

各都道府県のピースと台が地方ごとに色分けされているので、おおよその位置を探すヒントになります。
色分けされているおかげで、4歳の子どもでも簡単にできます。

 

●都道府県名は、漢字とひらがな表記

都道府県名は、ピースは漢字で、台はひらがなで記されています。
4歳のうちの子には、ひらがなの練習にもなっています。
小学生になったら、ひらがなに合わせて漢字の読み方の練習にもなりそうです。

 

●県庁所在地も覚えられる

成長したら、県庁所在地も合わせて覚えられそうです。

 

パズルの土台の大きさ

半分にたたむとA4より少し大きいくらいのサイズです。コンパクトにたたんで本棚に収納できます。

収納方法

折りたたみ式の台の中にピースを収納できます。
マジックテープが付いているので、開いてピースがバラバラになる心配もないです。

子どもの反応

パズルということで興味深々に箱から出していました。
箱から出してみると、カラフルで面白そうだけど普通のパズルではないと気づくと、
キョトン。。
「どうやってやるの?」
と聞いてきたので、
「同じ色のところに置いてみて~」
と話したら、サクサクとやり始めました。
同じ色のところに置けばいいと分かると、一つの地方が10パーツ以下なのですぐに終わってしまう感じでした。

同じ色の地方を完成させても
キョトン。。
とあまり面白くなさそうな反応でした。
キャラクターのパズルに慣れているので、完成してもキャラクターは出てこないし、意外と簡単だし、、
とういうことだったと思います。

なので、
「ここのおうちは東京だよ」
「じーじとばーばがいる地方を完成させよう!」

知っている単語の「富士山」「東京タワー」などを会話の中に入れながらやり進めると、
「じーじとばーばのおうちは、こっちまでいかないといけない」
と、遠いところに住んでいる事を理解してくれたようです。

完成させると
「できた~!」
喜んでいました。

最初は4歳には早かったかなと思いましたが、次の日も自分から出してやっていたので楽しかったようです。

 

微妙なところ

●小さすぎるピースがいくつかある

小さすぎるピースは、東京都、神奈川県、長崎県、香川県です。
見てのとおり、こんなに小さいです。
47都道府県全体で比べると、こんなに小さかったんですね。

 

小さすぎるピースは、よく言えば指先の練習になるなという感じです。

 

対象年齢が5歳~のパズルで、4歳の子どもでも遊べていたので問題ないのですが、コロコロ~と転がるとすぐになくなりそうな予感です。

 

遊んでみた感想

4歳の子どもにはまだ早いかなと思っていましたが、色分けされているので意外と簡単に完成させることができました。

木製なので触り心地も良いですし、大人がやっても楽しかったです。片づける時は、合計47個あるかどうか一緒に数えているのでで、数の勉強にもなっています。

パズルで遊ぶと時は、1歳の下の子に小さいピースを触らせないようにしないといけないのが大変でしたが、子どもは最終的には楽しそうに遊んでいたので買ってよかったです。

このまま楽しく遊びながら、自然に日本地図を覚えてくれたらいいなと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました