バーミヤンでクーポンと株主優待とポイント併用して0円で食べる節約術

すかいらーく

子供が「バーミヤンで餃子が食べたい!」と言ったので、家族でバーミヤンに行ってきました。

前回紹介した「ガスト」と同じく、バーミヤンでも株主優待やクーポンなどを使って、持ち出し金0円で食べてきました。

関連 ガストでクーポンと株主優待とポイント併用して0円で食べる節約術 

関連 すかいらーくの株主優待で食費を節約!子育て家庭におすすめ外食銘柄

 

上の子が、かなりの餃子好きなので、バーミヤンはよく食べに行っているのですが、子育て家庭にとって、キッズメニューや子供用椅子があるファミレスは利用しやすいですよね。

それに、すかいらーくグループのファミレスは、アンパンマンのキッズメニューがあるので、毎回子どもが大喜びです。

 

そんな、子どもが大好きなバーミヤンで、「0円」で食べるために使っている「3つの節約術」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

株主優待券とクーポンは併用できるの?

ちょっとその前に、株主優待券(正式には株主様ご優待券)とクーポンは併用できるの?と疑問に思われる方もいると思います。

説論から言うと、併用できます!

 

株主様ご優待券の裏面に、こう書かれています。

この券は、すかいらーくグループオーナー様割引券・すかいらーくグループご家族優待券との併用はできません。

「すかいらーくグループオーナー様割引券」と「すかいらーくグループご家族優待券」は、「株主様ご優待券」と別物なのです。

「株主様ご優待券との併用はできません」とは書かれていません!

 

併用できないんだ~と感じてしまうような注意書きですが、実はばっちり併用できるんです。

 

すかいらーくグループのサイト内でも、「各種割引券との使用が可能な、大変お得な株主優待」と記載されています。

 

併用可能ということで、自信をもって株主様ご優待券とクーポンを出しましょう!

 

1.クーポンを使う

まずは、注文時に店員さんに見せるクーポンを探します。

おすすめは、次に紹介する3種類のクーポン。他にもクーポンはありますが、だいたいこの3種類のクーポンの中から使えるのが見つかります。

クーポンを見つけたら、注文時に店員さんにクーポン番号を言って注文します。

 

すかいらーくアプリのクーポン

すかいらーくのアプリにあるクーポンが一番探しやすいのでよく使っています。

以前は、ガストやバーミヤンなどのお店ごとのアプリでしたが、最近は全てがひとつになって「すかいらーくアプリ」にリニューアルされました。

アプリを立ち上げて、「バーミヤン」→「クーポン」と押せば、すぐに表示できます。

オトクーポン

すかいらーくグループのモバイル専用サイトです。無料会員登録をするとクーポンがもらえ、メルマガ登録で、さらにお得な限定クーポンももらえます。

 

アプリのクーポンとオトクーポンの内容は、だいたい一緒ですが、アプリにはないクーポンがオトクーポンにあることも。

余裕があるときは、両方チェックするのもアリです。

クーポンブック

複数ブランドのクーポンを集めた小冊子で、会計時にもらえます。

「春号」「秋号」という感じで、季節ごとに期間限定のクーポンを配布しているようです。

 

2.株主優待のお食事券を使う

会計時に、「〇〇%OFFクーポン」があれば出します。

 

その後、株主優待のお食事券で支払います。

 

3.残金はポイントや電子マネーなどで支払う

残額は、QUOカードか、Tポイントか、電子マネーの楽天Edyで支払います。

QUOカード

優待生活を送っている人は、優待で送られてくるQUOカードがたまりにたまって消化しきれないという人もいるみたいですね。

私は、消化しきれないほどあるわけではないですが、QUOカードは節約に役立ってます。

バーミヤンの支払いにQUOカードが使えるので、よく使ってます。

注意:すかいらーくグループでのQUOカードの取り扱いは、2018年6月30日をもって終了となります。残念!!

Tポイント

ヤフーショッピングで貯めたTポイントで支払います。

ヤフーショッピング以外でもコンビニなどで貯まるので、Tポイントは生活に欠かせないものですよね。

ヤフーショッピングで買い物をする予定があるときは、Tポイントは使わずに他のもので支払いますが、もらったポイントで食事代を支払うと、ちょっと得した気分になりますね。

楽天Edy

電子マネーの楽天Edyは、チャージしたものを使うのではなく、楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換してから使っています。

楽天スーパーポイントは、楽天市場以外に、街中でも貯まるチャンスが多いですよね。

こちらも、もらったポイントで食事代を支払っているところが得した気分になれます。



200円以上現金で払うときはTポイントカードを提示

バーミヤンは、現金やクレジットカード、QUOカード、楽天Edyなどの電子マネーで支払うと、200円につき1ポイントTポイントが貯まります。

クレジットカードで支払うと「クレジットカードのポイントとTポイント」、楽天Edyで支払うと「楽天スーパーポイントとTポイント」の二重取りも可能です。

 

会計の時、クーポンを出して、株主優待券を出して、QUOカードも出して…と、出すものが多すぎて、Tポイントを付けてもらうのを忘れる事がありますが(笑)

 

バーミヤン0円で食べる

では、実際にバーミヤンに行ってみました。

 

 

クーポンは、アプリのクーポンとオトクーポンから探しました。

 

 

子ども二人は、ラーメンセットとチャーハンセットを注文しました。

クーポンを使って、399(税抜) → 299円(税抜)です。安いですね!

 

 

餃子はクーポンを使って、12個 499円(税抜) → 349円(税抜)です。安い!

 

ビールは、450円(税抜) → 349円(税抜)!ランチビールはおいしい!

ラーメンもデザートもおいしかったです。

ごちそうさまでした!

 

 

それでは、レシートを見てみましょう。

クーポン番号が記載されているか確認します。

たまに、クーポンが入力されていなくて、割引きになっていないことがあるので、チェックしてみください。

会計時に、3%引きクーポンを提示し、株主優待の500円お食事券を6枚使いました。

今回は、残り345円をポイントではなく、QUOカードで支払いました(Tポイントでの支払いも可能です)。

 

結果、0円で食べることができました!

 

QUOカードの支払いでしたが、200円以上の支払いだったのでTポイントも付きましたよ。

持ち出し金0円で食べたのに、Tポイントまで付いてうれしいです。



キッズメニューのスクラッチ

キッズメニューを注文してもらえるスクラッチを削ってみると、2ポイントでした!

前回の分と合わせると、6ポイントになりました!

子ども2人が2回キッズメニューを食べただけで、あっという間に6ポイントも貯まりました。

 

これまでもらった景品は、こんなものです。

景品とは思えないほど、クオリティーが高いです。

今回はポイントは使わず、次の景品に変わるまでポイントを貯めることにしました。

 

持ち出し金0円で食べた挙句、スクラッチのポイントで景品と交換できるなんて、すごすぎです。

 

節約の極意

とにかく、現金を使わない!

クレジットカードや電子マネーで支払うという意味ではありません。

クレジットカードやなんかは、いずれ口座から引き落とされますからね。家計からお金が出ていくことになります。

「現金を使わない!」は、「家計からお金を出さない!」という意味です。

もらった優待券や、もらったQUOカード、もらったポイントで支払えば、今日も財布から1円も出なかった!ということになり、自然とお金が貯まります。

 

最後に

バーミヤンで0円で食事する節約術をご紹介しました。

すかいらーくの株主優待は、各種割引券と併用可能なので、最強の株主優待だと思います。

収入を増やすのは大変なので、株主優待・クーポン・ポイントなどを駆使し、少しでも豊かな生活ができるよう頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました